去る10月10日、「元気に百歳」クラブの出版記念例会が東京渋谷区表参道のNHK青山荘にて開催されました。基調講演としてガン治療の第一人者である帯津三敬病院の名誉院長帯津良一先生に「今日よりもよい明日」というテーマでお話をいただきました。
「元気に百歳」クラブのメンバーとして私(三雲 貴)が先生のご講演のビデオ収録を担当いたしました。収録の目的は帯津先生のご講演を例会に参加できなかったメンバー、特に北海道、名古屋、関西の各支部のメンバーにもビデオで広く聞いてもらうことでした。 講演の後、帯津先生に「とてもいいお話でしたので、私共ジャプライドのホームページの読者にも聞いていただきたいのですが。」とお伺いいたしましたところ「結構です。どうぞ、そうしてください。」とのご快諾をいただきましたので、今回特別公開させていただきます。
(約19分)
(約20分)

 帯津先生は東大病院第三外科医局長、都立駒込病院外科医長として長年にわたり食道ガンの治療に携わってこられました。この体験を通して「西洋医学だけではガンは克服できない」との確信を持ち、西洋医学と東洋医学を統合したホリスティク医学を志し、1982年に郷里である埼玉県川越市に帯津三敬病院を開設されました。
 ホリスティツク医学とは「からだ、こころ、いのちの3つが渾然一体となった人間まるごとをそっくりそのまま捉えようとする医学」です。病院開設当初は医学会はもとより、患者さんからも理解されず、まさに茨の道でした。しかし、22年間の粘り強い治療での成果により今、着実に実をつけ始めています。
 またその中から生まれた「死は生命の循環の通過点」とする先生の死生観は、多くのガン患者さんを勇気付けてきました。

ハートフルで、お茶目で、ちょこっとお酒好きの「帯津ワールド」を、ぜひご楽しみください!

(文責: 三雲 貴)


帯津三敬病院 URL: http://www.obitsusankei.or.jp
帯津良一先生の著書: 「養生は爆発だ」、「気の鍛錬」、「気場のパワー」、「現代養生訓」 
           「どんなガンでもあきらめない」(村尾国士)ほか多数
「元気に百歳」クラブ URL: http://v100c.org/

映像をご覧になるにはウィンドウズ メディアプレーヤー7以上が必要です。(無料)

トップページへ